読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆特許翻訳のDNA☆

特許庁の標準技術集「核酸の増幅及び検出」を英訳していきます。

0017

TmはGC含量だけで決まるものではないが、GC含量が多くなるとTmも増加する傾向がうかがえる。

【訳案1】
Although the Tm depends not exclusively on the G-C content, the Tm tends to increase as the G-C content increases.
【訳案2】
Although the G-C content is not the only determinative factor for the Tm, the Tm has a tendency to be higher with an increased G-C content.

0016

つまり、Tmに反映するのである。

【訳案1】
In other words, the amount of G-C base pairs affects Tm.
【訳案2】
That is to say, the Tm reflects the stability of the DNA.

【翻訳メモ】
何が「Tmに反映する」のか?
訳案1は、「G:C塩基対の量」
訳案2は、「DNAの安定性」
として訳しました。

0015

(3)ゆえに、ds DNA(double strand DNA)においてG:C塩基対がどれだけ存在するかが安定性を考える上で重要となってくる。

【訳案1】
(3) It is thus important from a stability standpoint how many G-C base pairs are present in ds-DNA (double strand DNA).
【訳案2】
(3) The amount of G-C base pairs in ds-DNA (double strand DNA) is thus important in view of stability.

【用語】
ds DNA: double strand DNA; double stranded DNA, 二本鎖DNA

0014

 (2)DNAはGとC、AとTが各々塩基対を形成するが、G:C塩基対はA:T塩基対に比べ、安定である。これは水素結合がG:C塩基対では三つ存在することに対し、A:T塩基対では二つしか存在しないことに起因している。(図1)

【訳案】
(2) G-C and A-T base pairs are formed in DNA. The G-C base pair is more stable than the A-T base pair, since the G-C base pair has three hydrogen bonds, while the A-T base pair has only two (see Fig. 1).

【翻訳メモ】
記事 [0008] とほぼ同内容。

0013

GC含量の調整
(1)GC含量とはオリゴヌクレオチド内における{(Gの塩基数)+(Cの塩基数)}/(総塩基数)(%)のことである。

【訳案】
GC-content adjustment
(1) GC-content is the percentage of the number of G (guanine) bases and the number of C (cytosine) bases with respect to the total number of bases in an oligonucleotide.

【用語】
GC含量: GC-content [ GC-content - Wikipedia ]
オリゴヌクレオチド: oligonucleotide

【翻訳メモ】
「調整」は、「adjustment」か「regulation」か?

まとめ 1-1-A

核酸の増幅および検出

1-1  プローブ・プライマーとして適した配列の選択方法
    (1)ヌクレオチド重合の出発点として機能させるために用いるプライマーは、短い1本鎖RNAまたはDNAのセグメントのことである。したがって、プライマーの設計とそれに対応する諸条件の設定がPCRの成否を決めることになる。
    (2)プローブとは遺伝子、遺伝子産物等の特定の物質、部位、状態などを検出するための分子であり、一般に疾患遺伝子等のDNAまたはその中の特定部位について、DNAの相補性を基礎とした核酸ハイブリダイゼーション法などで解析するためのDNA断片をDNAプローブといい、RNA断片を用いたものをRNAプローブという。
    (3)プローブ・プライマーの設計に注意する点は以下の四つである。
        (a)一つのプローブ・プライマーがアニールする部位は一つとなるよう繰り返し配列に注意する。(図1)
        (b)プローブ・プライマーの末端はGもしくはCにするのがよい。これは末端がAやTだとGもしくはCに比べ、水素結合が弱い(ヘテロ原子と水素原子の間に水素結合は生成するわけであるが、その水素結合はGC塩基対で3本、AT塩基対で2本ゆえ、AT対はGC対に比べて塩基対形成による安定化が低い。)ので、ハイブリダイゼーションしにくくなるためである。
        (c)自分自身の配列の中で相補的になる配列を含まないようにする。プローブ・プライマー自身が二次構造をとらないようにするためである。(図2)
        (d)GまたはCの配列が4連続以上のものをできるだけ選ばない。これはテトラプレックスを防ぐためである。
    (4)プライマーの場合、設計には上記の四つに加え、TmをPCRサイクルでまわす温度の上限と下限の間に設定することが重要である。Tmが高すぎるとPCR反応が阻害されるからである。
    (5)なお、プライマー設計のためのプログラムがwww上で公開されている(出典/参考資料2)。

【訳案】
AMPLIFICATION AND DETECTION OF NUCLEIC ACID

1-1  Method of selecting sequence suitable for probe primer
    (1) A primer that serves as a starting point for nucleotide polymerization is a short, single stranded RNA or DNA segment.  A successful PCR is achieved by an appropriate design of the primer and corresponding condition settings.
    (2) A probe is a molecule for detecting, for example, particular substances, parts, and states of genes and gene products. The term "DNA probe" means a DNA fragment for analysis of generally DNA or particular parts of DNA, such as disease genes, by nucleic acid hybridization based on the complementarity of DNA, while the term "RNA probe" means a RNA fragment intended for the same purpose.
    (3) The following four points should be taken into consideration in designing a probe primer.
        (a) Each individual probe primer should anneal to only one region - so be careful with repetitive sequences (see Fig. 1).
        (b) The probe primer preferably has G or C at its end.  A probe primer having A or T at its end has a weaker hydrogen bond and thus a lower hybridization capacity than those of a probe primer having G or C at its end.  It is here noted that a hydrogen bond is formed between a heteroatom and a hydrogen atom, wherein a GC base pair has three hydrogen bonds, while an AT base pair has two. The AT base pair is thus less stable than the GC base pair when the base pair is formed.
        (c) The probe primer is designed to have no complementary sequences in its own chain, preventing the probe primer itself from forming a secondary structure (Fig. 2).
        (d) It is desirable to avoid selecting a sequence including four or more consecutive Gs or Cs as a probe primer - otherwise, a tetraplex structure can be formed.
    (4) In addition to the above four points, it is also important for the design of a primer to set Tm between an upper limit temperature and a lower limit temperature of PCR cycling, since an excessively high Tm can inhibit a PCR reaction.
    (5) Programs for primer design are published on the World Wide Web (see Reference 2).

0012

(5)なお、プライマー設計のためのプログラムがwww上で公開されている(出典/参考資料2)。

【訳案】
(5) Programs for primer design are published on the World Wide Web (see Reference 2).

【翻訳メモ】
特許庁HPに記載の「出典/参考資料2」のURLはリンク切れ。
(新) http://www.yeastgenome.org/cgi-bin/web-primer (2017年3月21日確認)

0011

(4)プライマーの場合、設計には上記の四つに加え、TmをPCRサイクルでまわす温度の上限と下限の間に設定することが重要である。Tmが高すぎるとPCR反応が阻害されるからである。

【訳案】
(4) In addition to the above four points, it is also important for the design of a primer to set Tm between an upper limit temperature and a lower limit temperature of PCR cycling, since an excessively high Tm can inhibit a PCR reaction.

【用語】
Tm: melting temperature, 融解温度

0010

(d)GまたはCの配列が4連続以上のものをできるだけ選ばない。これはテトラプレックスを防ぐためである。

【訳案1】
(d) It is desirable to avoid selecting a sequence including four or more consecutive Gs or Cs as a probe primer - otherwise, a tetraplex structure can be formed.
【訳案2】
(d) In order to prevent formation of a tetraplex structure, it is desirable to select a probe primer without four or more consecutive Gs or Cs in its sequence.

【用語】
テトラプレックス: tetraplex structure

【翻訳メモ】
「GまたはCの配列が4連続以上」は、
GGGG・・・
CCCC・・・
の意味と考えて訳したが、
GCGC・・・
なども含まれる?

0009

(c)自分自身の配列の中で相補的になる配列を含まないようにする。プローブ・プライマー自身が二次構造をとらないようにするためである。(図2)

【訳案1】
(c) The probe primer is designed to have no complementary sequences in its own chain, preventing the probe primer itself from forming a secondary structure (Fig. 2).
【訳案2】
(c) No complementary sequences should exist in the entire sequence of the probe primer in order to avoid a secondary structure formed by the probe primer itself (Fig. 2).

【用語】
二次構造: secondary structure

0008

これは末端がAやTだとGもしくはCに比べ、水素結合が弱い(ヘテロ原子と水素原子の間に水素結合は生成するわけであるが、その水素結合はGC塩基対で3本、AT塩基対で2本ゆえ、AT対はGC対に比べて塩基対形成による安定化が低い。)ので、ハイブリダイゼーションしにくくなるためである。

【訳案1】
A probe primer having A or T at its end has a weaker hydrogen bond and thus a lower hybridization capacity than those of a probe primer having G or C at its end. It is here noted that a hydrogen bond is formed between a heteroatom and a hydrogen atom, wherein a GC base pair has three hydrogen bonds, while an AT base pair has two. The AT base pair is thus less stable than the GC base pair when the base pair is formed.
【訳案2】(訳案1の最後の英文の代替案)
Stabilization of base pair formation in the AT base pair is lower than that in the GC base pair.

【用語】
A: adenine, アデニン
T: thymine, チミン
G: guanine, グアニン
C: cytosine, シトシン
ヘテロ原子: heteroatom [水素と炭素以外の原子]
水素結合: hydrogen bond
塩基対: base pair [ Base pair - Wikipedia ]

【翻訳メモ】
「ハイブリダイゼーションしにくくなる」は、
「is thus less likely to hybridize」という訳も考えられる。
「hybridizable」という語もあるようだが、ここで使えるか不明。

0007

(b)プローブ・プライマーの末端はGもしくはCにするのがよい。

【訳案】
(b) The probe primer preferably has G or C at its end.

【翻訳メモ】
「末端」は、ends(複数)? terminal?

0006

(a)一つのプローブ・プライマーがアニールする部位は一つとなるよう繰り返し配列に注意する。(図1)

【訳案】
(a) Each individual probe primer should anneal to only one region - so be careful with repetitive sequences (see Fig. 1).

【用語】
繰り返し配列(=反復配列): repetitive sequence, repeated sequence
アニールする: anneal to

【翻訳メモ】
「部位」は、part? segement? sequence?

0005

(3)プローブ・プライマーの設計に注意する点は以下の四つである。

【訳案】
(3) The following four points should be taken into consideration in designing a probe primer.

【翻訳メモ】
この場合の「注意」は、careful? pay attention?

0004

(2)プローブとは遺伝子、遺伝子産物等の特定の物質、部位、状態などを検出するための分子であり、一般に疾患遺伝子等のDNAまたはその中の特定部位について、DNAの相補性を基礎とした核酸ハイブリダイゼーション法などで解析するためのDNA断片をDNAプローブといい、RNA断片を用いたものをRNAプローブという。

【訳案】
(2) A probe is a molecule for detecting, for example, particular substances, parts, and states of genes and gene products. The term "DNA probe" means a DNA fragment for analysis of generally DNA or particular parts of DNA, such as disease genes, by nucleic acid hybridization based on the complementarity of DNA, while the term "RNA probe" means a RNA fragment intended for the same purpose.

【用語】
遺伝子産物: gene product [Ref. Gene product - Wikipedia ]
核酸ハイブリダイゼーション法: nucleic acid hybridization
相補性: complementarity

【翻訳メモ】
「遺伝子産物等」の「等」は何?
「一般に」はどこに掛かる?