読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆特許翻訳のDNA☆

特許庁の標準技術集「核酸の増幅及び検出」を英訳していきます。

ご訪問ありがとうございます

特許庁の標準技術集より「核酸の増幅及び検出」を1行ずつ英訳していきます。皆様からご教授いただければ幸いです。 原文へのリンクはこちら ↓↓↓ 出典/引用:標準技術集「核酸の増幅及び検出」(特許庁)1-1 プローブ・プライマーとして適した配列の選択方法

0062

しかしながら、塩基対をとりえないとき、ゆがんだヘアピンのような構造をとる(出典/参考資料1)。【訳案1】However, if the base pairs cannot be formed, DNA has a distorted hairpin-like structure (see Reference 1).【訳案2】Without base pairs, …

0061

(2)DNAでは一般にアデニン:チミン塩基対、グアニン:シトシン塩基対の組み合わせにより2本鎖構造(dsDNA)をとる。【訳案1】(2) DNA typically has a double-stranded structure including adenine-thymine base pairs and guanine-cytosine base pairs (d…

0060

一般に1次構造は配列、2次構造は局所的な構造、3次構造は全体の構造、複合体の構造が4次構造と定義されている。【訳案】In general, a primary structure is defined as a sequence, a secondary structure as a local structure, a tertiary structure as a…

0059

2次構造(1)分子内水素結合により核酸分子は規則的な折りたたみ構造をとる。【訳案】Secondary Structure(1) A nucleic acid molecule has a regular folded structure by intramolecular hydrogen bonding.【用語】分子内水素結合: intramolecular hydrogen…

まとめ 1-1-E

Tm (1)Tmは2本鎖核酸が熱変性して1本鎖になる融解温度である。Tmを求めるには核酸の波長260nmの吸光度の温度変化を追跡し、変曲点がその核酸のTmとなる(出典/参考資料1)。 (2)Tmはおよその経験則があり、以下に示した式で求めることができる。オリゴ…

0058

二つのプライマーのTmが異なる場合、とりあえず低い方に合わせてアニーリング温度を設定する(出典/参考資料3)。【訳案1】If melting temperatures of two primers are different from each other, an anneling temperature is tentatively set to the lo…

0057

Tmが高すぎるとPCR反応が阻害される。【訳案1】If the Tm is too high, the PCR reaction proceeds insufficiently.【訳案2】An excessively high Tm inhibits the PCR reaction.【訳案3】A too high Tm causes a poor PCR reaction.

0056

(7)“プローブ・プライマーとして適した配列の選択”でも記述したが、プライマーの設計には、TmをPCRサイクルでまわす温度の上限と下限の間に設定することが重要である。【訳案】(7) In designing a primer, it is important to set the Tm between the uppe…

0055

(6)ペプチド核酸(PNA)についてもDNA、RNA、PNAとの複合体でTmが観測されている。【訳案】(6) The Tm has been observed also for a combination of peptide nucleic acid (PNA) and DNA, RNA, or PNA.【用語】ペプチド核酸: peptide nucleic acid [ Pept…

0054

(5)3本鎖核酸の場合は3本鎖が2本鎖から融解する温度も観測することができる。【訳案1】(5) For a triple-stranded nucleic acid, a temperature can also be observed at which melting of triple helices occurs.【訳案2】(5) In the case of a triple-…

0053

同じ配列でみた場合、DNA/RNA>RNA/RNA>DNA/DNAの順にTmは低くなる。【訳案1】Given the same sequence, the Tm becomes lower in order of DNA/RNA, RNA/RNA, and DNA/DNA.【訳案2】For a given sequence, the Tm of DNA/RNA is the highest, followe…

0052

(4)RNAも同様、DNAやRNAと2本鎖を形成することができ、Tmが観測される。【訳案1】(4) RNA may also be combined with DNA or RNA to form a double strand. The Tm of the double strand is observed in the same manner.【訳案2】(4) A double strand, …

0051

この計算方法は極めて煩雑であるが、2本鎖の場合、自動プログラムが開発されており、インターネット上で無料ソフトがダウンロードできる(出典/参考資料5)。【訳案】 Although this calculation method is very complicated, an automatic program for the…

0050

核酸の塩基対生成に最も影響を与えるのはすでに生成している隣の塩基対であり、2本鎖の安定性は逐次塩基対形成の総和として求めることができる。【訳案1】Formation of a base pair in the nucleic acid is most strongly influenced by an adjacent base p…

0049

最近接塩基対モデルとは次の考え方に基づいている。 【訳案】The nearest‐neighbor base pair model is based on the following idea.

0048

(3)また、最近接塩基対モデルによる計算法も提示されている(出典/参考資料4)。【訳案】(3) A calculation method using the nearest‐neighbor base pair model has also been presented (see Reference Material 4).【用語】最近接塩基対モデル: neares…

0047

(ア)K+イオンはそのまま加算する。(イ)Trisイオンは0.67倍して加算する。(ウ)Mg2+イオンは計算にいれない。【訳案】(i) Add K+ ions as they are;(ii) Add Tris ions multiplied by 0.67; and(iii) Ignore Mg2+ ions

0046

なお、PCRの場合、塩濃度は次のルールに従って計算する(出典/参考資料3)。【訳案】 For the PCR, the salt concentration may be calculated according to the following rules (see Reference Material 3).

0045

この式から明らかなように核酸の長さが長いほど、GC含量が多いほど、塩濃度が高いほどTmは上昇する(出典/参考資料2)。【訳案】As apparent from this equation, the Tm increases as the length, the GC content, or the salt concentration of the nucle…

0044

(※A:オリゴヌクレオチド内のAの数、C:オリゴヌクレオチド内のCの数、G:オリゴヌクレオチド内のGの数、T:オリゴヌクレオチド内のTの数、%G+C:オリゴヌクレオチド内のG+Cの%、N:オリゴヌクレオチドの長さ(mer)、[Na+]:溶液中のNa+濃度(M))。…

0043

オリゴヌクレオチドのTm値の計算は、(a)18bより短いオリゴヌクレオチドの場合: Tm=(A+T)×2℃+(G+C)×4℃、(b)18b以上の長さのオリゴヌクレオチドの場合: Tm=81.5+16.6(log10[Na+])+0.41(%G+C)-(600/N)、【訳案】The equation for ca…

0042

(2)Tmはおよその経験則があり、以下に示した式で求めることができる。【訳案1】(2) There are some approximate empirical rules for determining the Tm. According to one of the empirical rules, the Tm can be determined with the following equati…

0041

Tmを求めるには核酸の波長260nmの吸光度の温度変化を追跡し、変曲点がその核酸のTmとなる(出典/参考資料1)。【訳案】In order to determine the Tm of a nucleic acid, the change in absorbance at a wavelength of 260 nm as a function of temperature…

0040

Tm(1)Tmは2本鎖核酸が熱変性して1本鎖になる融解温度である。【訳案】Tm(1) Tm is a melting temperature at which a double-stranded nucleic acid is thermally denatured into single-stranded nucleic acids.【用語】熱変性: thermally denature

まとめ 1-1-D

付加することができる配列 (1)PCR産物をベクターに挿入する際、二つのプライマーに制限酵素が認識する配列を付加しておかねばならない。さらに、制限酵素は直鎖DNA末端ぎりぎりであると認識しないので、認識する配列の外側にも余分な配列を付加する。その…

0039

これは末端が不安定になり、完全なPCRが行われないためである。【訳案1】This is because such a terminal becomes unstable so that the PCR cannot be successfully achieved.【訳案2】Such a terminal is not stable and interferes with the integrity…

0038

(4)プライマーのTmはPCRに適したものであっても末端にTやAの連続配列がある場合、その連続配列を削除するようにする。【訳案1】(4) If a primer having a Tm suitable for PCR has a sequence of continuous Ts or continuous As at its terminal, the se…

0037

(ウラシルDNAグリコシラーゼにより脱塩基部位が生成し、それがアルカリで加水分解される機構である。)【訳案】(the uracil-DNA glycosylase causes abasic sites to be formed, which are hydrolyzed with alkali)【用語】脱塩基部位: abasic site

0036

この系でPCR増幅を行った後、ウラシルDNAグリコシラーゼを作用させ、さらにアルカリを作用させると3´側に1本鎖領域が形成される。【訳案】After a PCR amplification in this system, the resulting product is treated with uracil-DNA glycosylase and the…

0035

(3)また、PCR産物をベクターに挿入する際、Uを含む配列を付加することもできる。【訳案】(3) When the PCR product is inserted into the vector, a sequence containing uracil (U) may also be added.【用語】U: Uracil [ Uracil - Wikipedia ]

0034

(2)なお、付加した配列についてはプライマーのアニーリングに寄与しないので、Tmの計算のとき考慮しない。【訳案1】(2) It should be noted that no added sequences contribute to annealing of the primer and are thus taken into consideration in ca…

0033

その様子を図1に示した。【訳案】Fig. 1 illustrates how the sequences are added to the primer.

0032

さらに、制限酵素は直鎖DNA末端ぎりぎりであると認識しないので、認識する配列の外側にも余分な配列を付加する。【訳案1】An additional redundant sequence is also added to the primer so as to be outwardly adjacent to the sequence to be recognized…

0031

付加することができる配列(1)PCR産物をベクターに挿入する際、二つのプライマーに制限酵素が認識する配列を付加しておかねばならない。【訳案】Sequence to be added(1) When a PCR product is inserted into a vector, a sequence that can be recognized…

まとめ 1-1-C

長さの調整 (1)長さとは、この場合、プローブ・プライマーの設計に適したDNA断片の塩基数をさす。 (2)前項の図2から分かるように、オリゴヌクレオチドの塩基数が多ければ多いほどTmは上昇する。したがって、PCRに使用するプライマーの設計の際、Tmを低す…

0030

ただし、一般的には20mer前後のプライマーがよく使われている(出典/参考資料2)。【訳案】Primers having a length of approximately 20-mer are typically used (see Reference material 2).

0029

(4)ヒトゲノムの遺伝子総量は30億塩基対だから、単純に計算すると17mer(4の17乗の組み合わせ)まではヒトの遺伝子のどこかに同様な配列が存在する可能性があり、その辺りで特異性が出てくる。【訳案1】(4) Genes in the human genome contain approximat…

0028

一方、短くてもミスマッチが多くなる結果となる(出典/参考資料2)。【訳案1】A short primer also may cause significant mismatching (see Reference material 2).【訳案2】An increased number of mismatch sites are observed also for a shorter pri…

0027

長いと特異性が増すと思われるが、それは誤解でプライマーのTmがアニーリング温度よりも高くなってしまうため、ミスマッチを許した偽ハイブリダイゼーションが増加し、結局、特異性が低下してしまうので注意を要する。【訳案1】Note: Although a longer pri…

0026

通常DNA合成機で化学合成される。【訳案】The primer and the template DNA are chemically synthesized, typically with a DNA synthesizer.【用語】DNA合成機: DNA synthesizer

0025

(3)プライマーの設計上、長さは15~30塩基程度、望ましくは20~25塩基が適当である。この長さだと鋳型DNAとの特異的なアニーリングが十分だからである。【訳案1】(3) A primer, in its design, has a length of approximately 15 to 30 bases, preferably…

0024

なお、この表がなくてもTmを計算予測する経験則が確立されている(出典/参考資料3)。【訳案1】Calculation or estimation of the Tm may rely not necessarily on this table; some empirical rules have been established (see Reference material 3).【…

0023

Tmは塩基数だけで決定できるものではないが、おおよその塩基数とTmの相関は前項の図に示されており、点線で囲まれた範囲のものがPCRには適しているので、これを参考にGC含量を調整する。【訳案】Although the Tm depends not exclusively on the number of b…

0022

したがって、PCRに使用するプライマーの設計の際、Tmを低すぎず、高すぎずという値に設定しなければならない。【訳案1】An appropriate Tm should be selected in designing a primer for a PRC reaction.【訳案2】The Tm should be set to a value suitab…

0021

(2)前項の図2から分かるように、オリゴヌクレオチドの塩基数が多ければ多いほどTmは上昇する。【訳案】(2) As can be seen from Fig. 2 in the preceding section, the Tm increases as the number of bases in an oligonucleotide increases.

0020

長さの調整(1)長さとは、この場合、プローブ・プライマーの設計に適したDNA断片の塩基数をさす。【訳案】Adjustment of length(1) The term "length" as used herein refers to the number of bases in a DNA fragment suitable for designing a probe pri…

まとめ 1-1-B

GC含量の調整 (1)GC含量とはオリゴヌクレオチド内における{(Gの塩基数)+(Cの塩基数)}/(総塩基数)(%)のことである。 (2)DNAはGとC、AとTが各々塩基対を形成するが、G:C塩基対はA:T塩基対に比べ、安定である。これは水素結合がG:C塩基対で…

0019

点線で囲んだ範囲のTmがPCRには適しているので、これを参考にGC含量を調整する。【訳案】Values of Tm in a range enclosed by a dashed line are suitable for the PCR. The G-C content may be adjusted in accordance with the data in Fig. 2.【翻訳メモ…

0018

おおよそのGC含量とTmの相関を図2に示した。【訳案】Fig. 2 shows a rough correlation between G-C content and Tm.【翻訳メモ】冠詞は適切?