読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆特許翻訳のDNA☆

特許庁の標準技術集「核酸の増幅及び検出」を英訳していきます。

0008

これは末端がAやTだとGもしくはCに比べ、水素結合が弱い(ヘテロ原子と水素原子の間に水素結合は生成するわけであるが、その水素結合はGC塩基対で3本、AT塩基対で2本ゆえ、AT対はGC対に比べて塩基対形成による安定化が低い。)ので、ハイブリダイゼーションしにくくなるためである。

【訳案1】
A probe primer having A or T at its end has a weaker hydrogen bond and thus a lower hybridization capacity than those of a probe primer having G or C at its end. It is here noted that a hydrogen bond is formed between a heteroatom and a hydrogen atom, wherein a GC base pair has three hydrogen bonds, while an AT base pair has two. The AT base pair is thus less stable than the GC base pair when the base pair is formed.
【訳案2】(訳案1の最後の英文の代替案)
Stabilization of base pair formation in the AT base pair is lower than that in the GC base pair.

【用語】
A: adenine, アデニン
T: thymine, チミン
G: guanine, グアニン
C: cytosine, シトシン
ヘテロ原子: heteroatom [水素と炭素以外の原子]
水素結合: hydrogen bond
塩基対: base pair [ Base pair - Wikipedia ]

【翻訳メモ】
「ハイブリダイゼーションしにくくなる」は、
「is thus less likely to hybridize」という訳も考えられる。
「hybridizable」という語もあるようだが、ここで使えるか不明。