読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆特許翻訳のDNA☆

特許庁の標準技術集「核酸の増幅及び検出」を英訳していきます。

まとめ 1-1-B

GC含量の調整

    (1)GC含量とはオリゴヌクレオチド内における{(Gの塩基数)+(Cの塩基数)}/(総塩基数)(%)のことである。

    (2)DNAはGとC、AとTが各々塩基対を形成するが、G:C塩基対はA:T塩基対に比べ、安定である。これは水素結合がG:C塩基対では三つ存在することに対し、A:T塩基対では二つしか存在しないことに起因している。(図1)

    (3)ゆえに、ds DNA(double strand DNA)においてG:C塩基対がどれだけ存在するかが安定性を考える上で重要となってくる。つまり、Tmに反映するのである。TmはGC含量だけで決まるものではないが、GC含量が多くなるとTmも増加する傾向がうかがえる。おおよそのGC含量とTmの相関を図2に示した。点線で囲んだ範囲のTmがPCRには適しているので、これを参考にGC含量を調整する。

 

 【訳案】

GC-content adjustment

     (1) GC-content is the percentage of the number of G (guanine) bases and the number of C (cytosine) bases with respect to the total number of bases in an oligonucleotide.

    (2) G-C and A-T base pairs are formed in DNA. The G-C base pair is more stable than the A-T base pair, since the G-C base pair has three hydrogen bonds, while the A-T base pair has only two (see Fig. 1).

    (3) It is thus important from a stability standpoint how many G-C base pairs are present in ds-DNA (double strand DNA).  In other words, the amount of G-C base pairs affects Tm.  Although the Tm depends not exclusively on the G-C content, the Tm tends to increase as the G-C content increases.  Fig. 2 shows a rough correlation between G-C content and Tm.  Values of Tm in a range enclosed by a dashed line are suitable for the PCR.  The G-C content may be adjusted in accordance with the data in Fig. 2.