読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆特許翻訳のDNA☆

特許庁の標準技術集「核酸の増幅及び検出」を英訳していきます。

まとめ 1-1-C

長さの調整

    (1)長さとは、この場合、プローブ・プライマーの設計に適したDNA断片の塩基数をさす。

    (2)前項の図2から分かるように、オリゴヌクレオチドの塩基数が多ければ多いほどTmは上昇する。したがって、PCRに使用するプライマーの設計の際、Tmを低すぎず、高すぎずという値に設定しなければならない。Tmは塩基数だけで決定できるものではないが、おおよその塩基数とTmの相関は前項の図に示されており、点線で囲まれた範囲のものがPCRには適しているので、これを参考にGC含量を調整する。なお、この表がなくてもTmを計算予測する経験則が確立されている(出典/参考資料3)。

    (3)プライマーの設計上、長さは15~30塩基程度、望ましくは20~25塩基が適当である。この長さだと鋳型DNAとの特異的なアニーリングが十分だからである。通常DNA合成機で化学合成される。長いと特異性が増すと思われるが、それは誤解でプライマーのTmがアニーリング温度よりも高くなってしまうため、ミスマッチを許した偽ハイブリダイゼーションが増加し、結局、特異性が低下してしまうので注意を要する。一方、短くてもミスマッチが多くなる結果となる(出典/参考資料2)。

    (4)ヒトゲノムの遺伝子総量は30億塩基対だから、単純に計算すると17mer(4の17乗の組み合わせ)まではヒトの遺伝子のどこかに同様な配列が存在する可能性があり、その辺りで特異性が出てくる。ただし、一般的には20mer前後のプライマーがよく使われている(出典/参考資料2)。

 

【訳案】

Adjustment of length

     (1) The term "length" as used herein refers to the number of bases in a DNA fragment suitable for designing a probe primer.

    (2) As can be seen from Fig. 2 in the preceding section, the Tm increases as the number of bases in an oligonucleotide increases.  An appropriate Tm should be selected in designing a primer for a PRC reaction.  Although the Tm depends not exclusively on the number of bases, there is a certain correlation between the number of bases and the Tm.  The correlation is roughly illustrated in Fig. 2 in the preceding section.  Tm values in a range enclosed by a dashed line are suitable for the PCR.  The G-C content may be adjusted in accordance with the data.  Calculation or estimation of the Tm may rely not necessarily on this table; some empirical rules have been established (see Reference material 3).

    (3) The appropriate length of a primer in design is on the order of 15 to 30 bases, desirably 20 to 25 bases, since this length allows the primer to specifically anneal to a template DNA.  The primer and the template DNA are chemically synthesized, typically with a DNA synthesizer.  Note: Although a longer primer seemingly increases the specificity, the specificity decreases in fact since the Tm of the primer is higher than the annealing temperature, increasing a degree of so-called pseudohybridization due to mismatching.  A short primer also may cause significant mismatching (see Reference material 2).

    (4) Since approximately 3 billion base pairs constitute genes in the human genome, there can be two same sequences in the genes for up to 17-mer primers, which has 4^17 combinations, according to a simple calculation.  17-mer or more primers may provide a reliable specificity.  Primers having a length of approximately 20-mer are typically used (see Reference material 2).