読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆特許翻訳のDNA☆

特許庁の標準技術集「核酸の増幅及び検出」を英訳していきます。

まとめ 1-1-D

付加することができる配列

    (1)PCR産物をベクターに挿入する際、二つのプライマーに制限酵素が認識する配列を付加しておかねばならない。さらに、制限酵素は直鎖DNA末端ぎりぎりであると認識しないので、認識する配列の外側にも余分な配列を付加する。その様子を図1に示した。

    (2)なお、付加した配列についてはプライマーのアニーリングに寄与しないので、Tmの計算のとき考慮しない。

    (3)また、PCR産物をベクターに挿入する際、Uを含む配列を付加することもできる。この系でPCR増幅を行った後、ウラシルDNAグリコシラーゼを作用させ、さらにアルカリを作用させると3´側に1本鎖領域が形成される。(ウラシルDNAグリコシラーゼにより脱塩基部位が生成し、それがアルカリで加水分解される機構である。)

    (4)プライマーのTmはPCRに適したものであっても末端にTやAの連続配列がある場合、その連続配列を削除するようにする。これは末端が不安定になり、完全なPCRが行われないためである。

 

【訳案】

Sequence to be added

     (1) When a PCR product is inserted into a vector, a sequence that can be recognized by a restriction enzyme has to be added to each of two primers.  An additional redundant sequence is also provided on the outer side of the sequence to be recognized: otherwise, the restriction enzyme cannot recognize the target sequence since the target sequence is located too close to a terminal of a linear DNA fragment.  Fig. 1 illustrates how the sequences are added to the primer.

    (2) The calculation of the Tm does not take the added sequences into consideration, since the sequences do not contribute to annealing of the primer.

    (3) When the PCR product is inserted into the vector, a sequence containing uracil (U) may also be added.  After a PCR amplification in this system, the resulting product is treated with uracil-DNA glycosylase and then with alkali to form a single-stranded region on the 3'-terminal side (the uracil-DNA glycosylase causes abasic sites to be formed, which are hydrolyzed with alkali).

    (4) If a primer having a Tm suitable for PCR has a sequence of continuous Ts or continuous As at its terminal, the sequence should be removed.  Such a terminal is not stable and interferes with the integrity of the PCR process.